シノケンの不動産テクノロジーを担う株式会社シノケンインテリジェントテクノロジーは、この度、2019年から全戸標準装備を開始したShinoken Intelligent Apartment(以下、「インテリジェントアパート」という。)に新たに顔認証機能を採用することを決定しましたのでお知らせ致します。今後も先端技術を活用したサービスを通して都会的でスマートなアパートメントライフを提供し、次世代の賃貸住宅のスタンダードを作り上げてまいります。

「顔認証機能」のイメージ

UX1:「安心・安全」 賃貸住宅の次なるスタンダードを

顔認証機能そのものは、セキュリティ面のニーズの高さから様々な業界での活用が拡がっており、不動産業界では、分譲マンションの集合玄関などで採用されるケースが増えていますが、通常の賃貸住宅の各部屋への設置においてはまだ一般的ではありません。シノケンでは、昨年にインテリジェントアパートの全戸標準装備を開始以降、オーナー様、入居者様からも多くの反響をいただいており、特に都会の単身入居者にニーズの高い「安心・安全」というセキュリティ面でのUX向上のために開発、改良を重ね、顔認証機能の採用に至りました。シノケンは、これまで分譲マンションや高級賃貸のカテゴリでしか実装されていなかった顔認証機能のような先進技術・設備を、入居者負担を増やすことなく、適正な賃料でシノケンアパートメントへの導入を実現していくことで、賃貸住宅の次なるスタンダードを作り上げてまいります。

UX2:「快適・便利」 ご家族・友人にも

顔認証機能のほか、新たに搭載したキーシェア機能は、スマホにダウンロードしたアプリで操作を行うことができ、ユーザーが指定する相手に、鍵の開錠権限を付与することができます。
期限付きの開錠権限も発行できるので、スマホ上での合鍵シェアや、与えた権限の解除をユーザーが自由にできるようになります。例えば、ユーザーの外出中にご家族の方の訪問があった際や、ご友人の方が一時的に数日間滞在する際など、物理キーを直接渡す必要もなく、スマホで完結できます。

スマホイメージ

より多くの方に安心いただける「資産づくり」を

シノケンは1990年の創業以来30年に渡り、世の中の社会不安、特にサラリーマン層の退職後・老後の経済的不安を解決したく、「将来のための資産づくり」を目的とした、アパートメント経営のビジネスモデルを提案、継続してきました。一部の富裕層に限られていた不動産経営を一般のサラリーマン層ができるようにシステム改革したシノケンは、今後は不動産テクノロジーを積極的に取り入れることで、より多くの人々が気軽に簡単に安心して不動産を活用できる”REaaS”(Real Estate as a Service: リアーズ、不動産のサービス化)の世界の実現を推進してまいります。

キュリティイメージ

株式会社シノケンインテリジェントテクノロジー 会社概要

お問い合わせ先
株式会社シノケンインテリジェントテクノロジー
東京都港区浜松町二丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
Email: skg_pr@shinoken.co.jp